認知症 | 北九州の心療内科・精神科 大里クリニック


認知症

認知症の疑いがある方。
悩まれているご家族の皆さま。

項目チェック

  • もの忘れがひどい
  • 同じことを何度も言う、問う、する
  • 人柄が変わったり、暴力を振るう
  • 判断力・理解力が衰える
  • 時間・場所がわからない
  • 不安感が強く、趣味などに意欲が無くなる
  • あてもなく徘徊をする
認知症

認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。

2010年では200万人程度といわれてきましたが、専門家の間では、すでに65歳以上人口の10%(242万人程度)に達しているという意見もあります。今後、高齢者人口の急増とともに認知症患者数も増加し、2020年には325万人まで増加するとされます)。

参考:厚生労働省(認知症)

加齢に伴う物忘れと認知症による症状は全く異なります。

認知症の方が安全で人間らしい生活を送っていくためには、他者の介助が必要不可欠です。

その介助を担う人の多くが家族でありますが、主たる介護者となる人は毎日の介護や家事をこなす忙しさから、社会との繋がりが希薄になりがちであり、この孤立感・孤独感そして慢性的な疲労・睡眠不足等がますますご自分のストレスを高めていくケースも珍しくありません。

認知症に似た病気や、早く治療すれば治る認知症も稀にありますが、

認知症を完治する方法は現代の医学にはありません。

しかし、治療やケアを行うことで進行の速度を遅くしたり、出ている症状を軽減させたりできる可能性があります。

早期発見、早期治療によって高い治療効果が期待できますので、いち早い来院をお待ちしております。

認知症については 北九州市の心療内科 大里クリニックにご相談ください。

お問い合わせ・ご相談はこちら

不眠・うつ病・認知症でお悩みの方はこちら

  • 北九州・不眠でお悩みの方
  • 北九州・うつ病やストレスでお悩みの方
  • 北九州で認知症でお悩みの方